聖火リレー交通整理した2人が感染 鹿児島・奄美市職員

新型コロナウイルス

仙崎信一
[PR]

 鹿児島県奄美市は、市内であった東京五輪聖火リレーの交通整理にあたった男性市職員2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。奄美市で初めて確認されたクラスター(感染者集団)に含まれている。

 市内の接待を伴う飲食店の利用客ら9人の感染が確認されたもので、県が29日に発表した。市によると、うち2人が市役所本庁舎に勤務する20代と30代の男性で、27日に市内で行われた聖火リレーで午前11時から約2時間、交通整理の業務にあたった。マスクを着用するなど感染防止対策をとっていたとしている。

 2人は発熱やのどの痛みがあるが、軽症。市は28日と29日にそれぞれの感染がわかった後、2人の職場や共用部分を消毒した。窓口業務ではないという。

 朝山毅市長は「市職員の感染によりご心配をおかけし、深くおわびします」とするコメントを発表した。(仙崎信一)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]