大阪・女子大生殺害、死因は失血死 男は一酸化炭素中毒

[PR]

 大阪府大東市マンションで大学生の女性が殺害された事件で、府警は30日、直下の部屋で倒れ、死亡したのが住人の会社員の男(48)と確認したと発表した。司法解剖で、女性は失血死、男は急性一酸化炭素中毒が死因と判明。府警は男が事件を起こした後、自室に火をつけた可能性もあるとみて、殺人などの容疑を視野に調べる。

 府警によると、28日午前7時ごろ、110番通報で駆けつけた四條畷署員が、3階の部屋で血まみれで倒れている吉岡桃七(ももな)さん(21)を発見。同じ頃、直下の部屋では火災があり、男が倒れていた。2人とも死亡が確認された。

 捜査関係者によると、吉岡さんの遺体には数十カ所の傷があり、室内に包丁2本や鈍器が残されていた。死因は後頭部の粉砕骨折と左太ももの動脈が切られたことによる失血死という。当時、男の着衣と酷似した人影が3階から2階のベランダにはしごで移動する姿が目撃されたという。男の部屋には灯油のようなものが入ったタンクがあった。

 男が勤めていた大阪府吹田市のビルメンテナンス会社の幹部は取材に、男をめぐるトラブルなどは「知らない」とした。

 事件1週間前まで男の隣の部屋に住んでいた男性は30日、取材に「今年4月、(壁を)バーンバーンとたたかれた。怖くなって交番に相談した」と話した。府警は同じようなことがあればすぐに通報するように伝えていたという。

 吉岡さんが通っていた府内の大学の担当者は30日、「運動部のマネジャーとして周りから信頼される存在で、何事にも一生懸命取り組む、明るい学生だった」と取材に話した。