JR西日本、過去最大の赤字2332億円

筒井竜平
[PR]

 JR西日本が30日発表した2021年3月期決算は、最終的なもうけを示す純損益が2332億円の赤字(前年は893億円の黒字)となり、過去最大の赤字だった。コロナ禍による鉄道利用の急減が大きく響いた。22年3月期の純損益予想は、利用客が回復するとみて30億円の黒字を見込んでいる。

 通期の赤字は、1992年3月期に決算公表を始めて以降、2度目。99年3月期は年金制度の変更に伴う特別損失を計上し、90億円の赤字だった。本業の収益悪化による赤字は、今回が初めてとなる。

 21年3月期の売上高は前年比40%減の8981億円、本業のもうけを示す営業損益は2455億円の赤字(前年は1606億円の黒字)だった。筒井竜平