児相へ銃弾や火炎瓶 脅迫容疑などで男4人を逮捕 千葉

[PR]

 千葉県柏児童相談所(柏市)で昨年8~9月、敷地外から投げ込まれたとみられる火炎瓶が発見される事件や、銃弾が送りつけられる事件などが相次ぎ、男4人が脅迫の疑いなどで逮捕、起訴されていたことが捜査関係者への取材でわかった。

 県警や県によると、昨年8月12日夜、同児相敷地内で割れた火炎瓶を警備員が発見。翌13日に柏児相から県警柏署に「物が投げ込まれた」と通報があった。建物に被害はなかったという。同月18日には児相の公用車の窓ガラスが割られ、座席に火をつけられた痕跡が見つかった。さらに9月4日、児相の建物の外壁にスプレーで職員の名前が書かれ、窓ガラスが割られていたのが見つかった。同月8日には銃弾が届いた。

 これらの事件が起きる直前、同県野田市の40代の男と児相の間で、男の息子の一時保護をめぐってトラブルが起きていたという。男は、柏児相の職員に対して昨年8月12日、携帯電話での会話のなかで「ぶち殺すぞ」などと脅したとして、脅迫罪で起訴されている。

 この男の知人が、火炎瓶などの事件で逮捕、起訴された4人のなかに含まれているといい、県警は、男と一連の事件との関連について慎重に調べている。

 県や県警などは、柏児相の被害などを一切公表していなかった。