• アピタル

ワクチン接種、単発OK・日給10万円 医師求人外注も

有料会員記事新型コロナウイルス

北沢拓也
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、集団接種を担う医師や看護師の確保に各自治体が苦慮している。地元医師会などの協力だけでは足りず、人材派遣会社に求人を「外注」するところも出始めた。

 「単発勤務OK コロナワクチン接種の問診 日給10万円」。こんな求人情報が複数のサイトに掲載されている。求人対象は集団接種に携わる医師や看護師ら。東京都江東区から委託を受けた人材派遣会社が出したものだ。

 江東区は、5月16日から高齢者向けの集団接種を開始する。対象は約9万人の見通しで、6カ所の体育施設で週6日間実施する。医師らへの報酬など接種にかかる費用は国が負担するとしているが、江東区では1日あたり医師21人、看護師63人が必要だ。派遣会社に週5日分の人員確保を依頼している。

 江東区がこうまでして集団接種を実施するのは、ワクチンの供給量が限られていることが背景にある。超低温管理が必要なため、民間の医療機関に少量ずつ配布して接種してもらうよりも、大規模会場でいっせいに接種する方が効率的だからだ。

 ただ、高齢者の接種が終わっても、基礎疾患のある人や一般人らが続く。江東区の担当者は「会場は10月末までおさえたが、集団接種をいつまで続けるかは供給量次第。どれくらいの人員が必要か、今は判断できない」と漏らす。

 人材派遣会社への依頼はほかの自治体でも。都内の呼吸器内科医の宮坂洋二さん(52)は4月12日から接種を始めた東京都八王子市の求人に応じ、接種前の問診をこれまでに5日間、担当した。宮坂医師は特定の病院に勤めず、外来診療や企業のインフルエンザの集団接種などを単発で請け負う自称「医者のフリーター」だ。こうした働き方はさほど多くないものの、病院の勤務医が、休日を利用して単発の仕事をするのは「業界では当たり前」だという。「大勢の人が短期間に接種を受けなければならず、全国の医療関係者をうまく配分できるかが重要になる」と話す。

人材派遣会社、いずれ「人材の取り合いになるかも」

 医師向けにこうした単発の求…

この記事は有料会員記事です。残り933文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]