• アピタル

休日・夜間の接種加速へ 医師に払う対価増額 首相表明

新型コロナウイルス

石川友恵
[PR]

 菅義偉首相は30日、日本医師会の中川俊男会長、日本看護協会の福井トシ子会長と官邸で会談し、新型コロナウイルスのワクチンについて、7月末までに高齢者への接種を完了するために協力を要請した。

 首相は「政府として休日や夜間における接種対価の大幅な引き上げをする」と述べ、診療時間外の接種に協力した医師に支払うお金の増額を表明した。河野太郎行政改革相はこの日の会見で、医師らに払う接種対価について、通常の1回当たり2070円を診療時間外は2800円に、休日は4200円にそれぞれ引き上げると発表した。

 中川会長は首相に「全面的に協力する」と述べた。さらに、かかりつけ医による個別接種が「最強の戦力」になるとして、ワクチンを効率的に小分け配送する体制の構築を求めた。(石川友恵)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]