高齢者入院「優先順位下げざるを得ない」 幹部がメール

新型コロナウイルス

久保田侑暉
[PR]

 大阪府新型コロナウイルス感染者の入院調整を行う部局の幹部が、保健所宛てに「年齢が高い方は入院の優先順位を下げざるを得ない」と記したメールを送っていたことが府への取材でわかった。送信日は19日。府は「府の方針とは異なる」として29日に撤回と謝罪のメールを送信した。

 メールを送ったのは、医師の資格を持ち、医師職のトップである府健康医療部の医療監(次長級)の男性。公用アドレスから、府内の全18保健所長宛てに送っていた。

 メールは件名に「入院調整依頼に関するお願い」とあり、「当面の方針として、少ない病床を有効に利用するためにも年齢が高い方については入院の優先順位を下げざるを得ないことをご了承いただきたい」と記していた。

 医療監は30日、報道陣の取材に応じ、「府の方針はもちろん、個人としても(年齢に基づいて優先順位をつけることは)考えていない。誤解を招く表現で深く反省している」と謝罪した。

 府の方針では、軽症や無症状でなければ、65歳以上の感染者は原則入院としている。ただ、高齢者施設の入所者が感染した場合、入院基準を満たしていても、対応可能なら施設内での療養を求めるべきではないかという議論が府庁内で続けられていたという。

 大阪では病床が極めて逼迫(ひっぱく)していることから、医療監はメールで、コロナにかかわらず、延命治療を求めない蘇生措置拒否(DNAR)の意思を示している高齢者施設の入所者について、「看取(みと)りも含めて対応をご検討いただきたい」と記していた。医療監は「DNARの方は高齢の方が多く、『年齢が高い方』としてしまった。年齢だけで療養を判断する意図はなかった」として、表現を誤ったと釈明した。(久保田侑暉)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]