手洗いを楽しく ぬるめの湯、空気含ませ、肌に泡のせ

有料会員記事

熊井洋美

写真・図版

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、手洗いの励行が呼びかけられて久しい。まめな手洗いは日常の動作に定着したものの、ともすれば雑なルーチンになりがちではないだろうか。手洗いをリラックスの時間として位置づけ、楽しみながら続けるにはどうしたらいいだろう。

 手洗いの効果は言わずもがなだ。データで示されている。例えば東京都健康安全研究センターなどが、ノロウイルスに見立てた「ネコカリシウイルス」を使って効果を検証した研究が2006年の感染症学雑誌で紹介されている。

 手を流水ですすぐだけでも、手洗いをしない場合に比べてウイルス量は100分の1に減った。手指洗浄用のせっけんを使ってすすぐと1千分の1~1万分の1に減った。手をもんで洗う時間で比べると、10秒から30秒に伸ばした場合にはウイルス量は明確に減らなかったが、60秒に伸ばすと約6分の1になった。手をもんで洗う時間を10秒を2回にすると、1回の場合の約100分の1になるという実験結果が得られた。

 泡、液体、固形、変わり種で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。