長崎市の聖火リレー、公道一部中止 コロナ禍で

三沢敦
[PR]

 5月7、8日に長崎県内17市町で実施される東京五輪聖火リレーについて、県実行委員会は30日、長崎市での公道走行を一部中止すると決めた。新型コロナウイルス感染の急拡大を受けたもので、平和公園での出発式や長崎水辺の森公園でのセレブレーション(到着式)も観客を入れずに行う。

 初日の最終区間となる長崎市では、午後7時過ぎに平和公園をスタートし、国道206号を経て浦上川沿いに県道の高架を南下。県庁などを経て午後9時前に長崎水辺の森公園に到達する25区間計5・1キロのルートを計画していた。

 県スポーツ振興課によると、走行が中止されるのはこのうち、混雑が特に予想される6区間1・3キロで、全体の4分の1にあたる。ランナーの数は減らさず、25人が短縮された19区間計3・8キロを走る。

 出発式やセレブレーションには、あらかじめ募っていた計1千人には無観客での実施をはがきで伝える。県庁南側岸壁から長崎水辺の森公園までを「遣唐使船」でつなぐ海上リレーは予定通り実施するという。

 県内では4月、長崎市を中心に感染が急拡大。県と市は11日まで、飲食店などの営業時間短縮や、不要不急の外出自粛を要請中だ。その期間中にある聖火リレーについても、沿道での密集を避けるため、公道走行の中止が検討されていた。

 一部中止の判断について中村法道知事は記者会見で「密集による感染は避けねばならないが、五輪への協力も大切。両方のバランスを悩みながら考えた結果だ。感染防止を徹底しつつ、平和や国際交流で果たしてきた長崎の役割を世界に発信したい」と話した。

 その他の市町では予定通り、公道走行を実施するが、佐世保市ではセレブレーション会場の観客を千人から500人に減らすという。(三沢敦)

 東京五輪パラリンピック組織委員会は長崎県内を走る聖火ランナー約180人を公表した。

 熊本県から届いた聖火は7日、南島原市役所を出て夜に長崎市の長崎水辺の森公園に到着する。雲仙市では被爆者の宮田隆さん、聖火リレー公式アンバサダーで長崎市では被爆者と交流がある俳優の石原さとみさん、新国立競技場や県美術館を手がけた建築家の隈研吾さん、キャスターで長崎市科学館名誉館長の草野仁さんらが聖火をつなぐ。

 8日は長与町の中尾城公園から佐世保市の新みなと暫定広場へ。元高校生平和大使の山口雪乃さんが五島市を走り、プロ野球・ソフトバンクホークスなどで活躍した城島健司さんが郷里佐世保でトーチを掲げる。

 県によると、大村市を走る予定だった俳優の仲里依紗さんは参加を辞退した。夫で俳優の中尾明慶さんの新型コロナウイルス感染のためという。

     ◇

 聖火リレーのルートの一部で使われる「遣唐使船」が4月29日、県庁南側岸壁にお目見えした。

 角川文化振興財団が2010年の再現プロジェクトで造ったもので、全長30メートル、幅9・3メートル。7日夜、聖火ランナーの著名人(氏名は本番まで非公表)を乗せ、同岸壁からセレブレーション会場である長崎水辺の森公園まで海上約1キロを約20分かけてつなぐ予定。