唐津市の飲食店のクラスターは計8人に 新型コロナ

新型コロナウイルス

松岡大将
[PR]

 佐賀県は30日、10代から70代までの男女20人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。県が確認した感染者は延べ1604人になった。

 20人のうち2人は、クラスター(感染者集団)が発生した唐津市の飲食店「隠家(かくれや)」関係。前日に発表した唐津署の50代の男性警察官も同店を利用していたことが分かり、関係する感染者は計8人になった。

 県警は、20人のうち、江北町の30代女性は白石署の警察官だと発表。同署の感染者は4人目となる。県議会事務局は、唐津市の30代男性は、唐津市・東松浦郡選挙区選出の井上祐輔県議(35)だと発表した。

 またJR九州は、博多車掌区に所属する20代の男性車掌が感染したと発表した。29日夕に発熱し、同日中に感染が判明した。同社によると、男性車掌は4月27、28日に鹿児島線の福間―鳥栖駅間、長崎線の鳥栖―肥前山口駅間に乗車していたという。(松岡大将)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]