「笑えない」からの挑戦 宮城のお笑いコンビ・ニードル

有料会員記事

高橋昌宏
[PR]

 仙台市中心部にある常設寄席「魅知国(みちのく)定席 花座」。4月下旬、地元を中心に活動するお笑いコンビ「ニードル」の漫才ライブがあった。

 「(ワクチン接種が完了しないのに)オリンピック、どうするんでしょう」

 「トローチとかで何とかするしか……」

 ドッと笑いが起きる。新型コロナウイルスのネタは食いつきがいいという。

バイト15年、ようやく芸人の給料だけで…

 だが、芸人がいま置かれている状況は笑えない。

 「収入はガクンと減ってコロ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。