被告「記憶なくなってしまった」妻子6人殺害、無罪主張

有料会員記事

[PR]

 茨城県日立市のアパートで2017年10月、妻子6人を殺害したとして、殺人や非現住建造物等放火などの罪に問われた小松博文被告(36)の裁判員裁判の初公判が31日、水戸地裁(結城剛行裁判長)であった。小松被告は起訴後、持病で倒れて事件当時の記憶に障害が生じたとして、「記憶がなくなってしまったようで、わからないとしか言えない」と述べ、弁護側は無罪を主張した。

 起訴状によると、小松被告は17年10月6日、日立市内の自宅で妻の恵さん(当時33)や子ども5人(同3~11歳)の胸や背中を包丁で複数回刺したうえ、玄関などにガソリンをまいて放火し、殺害したとされる。

 31日の公判の冒頭で、弁護側は小松被告が「訴訟能力に欠けている」として、公判の停止を求めた。休廷後、結城裁判長は「弁護人の援助や裁判所の支援のもと、意思疎通は可能」として、訴訟能力に問題はないとの判断を示し、公判は継続されることになった。

 検察側は冒頭陳述で、小松被告が定職に就かず、恵さんから愛想を尽かされて、離婚を切り出されていたと指摘。「他人に妻子を取られるなら全員を殺そう」と考えたと動機について、説明した。

 小松被告は起訴後の18年1…

この記事は有料会員記事です。残り208文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら