中学校で生徒に端末1台ずつ配布 不具合続きで現場混乱

写真・図版
[PR]

 中学校の教員です。昨年、新型コロナ感染症による休校で、オンライン授業やデジタル端末の利用が注目されました。勤務先の学校では今年、生徒1人に1台ずつ端末が配布されました。

中学校教員の60代女性

 ですが現場からすれば、何の準備もないままでの導入です。授業を潰して生徒に配布や説明をしたものの、いざ使おうとしたら、つながらない、動かないなど不具合続きです。そのたびに教員の時間や労力が割かれ、現場は混乱。授業が成立せずに時間が過ぎていくことも。現場は忙しくなるばかりです。

 これまでも電子黒板やプロジェクターなどが配備されましたが、どれも十分には使われていません。今回も、学力を伸ばすためなら多少の労働強化も受け入れますが、必ずしもそうはなっていないところにストレスを感じています。(関東地方・60代女性)

     ◇

 あなたの働き手としての悩みや葛藤を「職場のホ・ン・ネ」にお寄せください。すでに掲載された「ホンネ」への感想や意見も歓迎します。連絡先を明記のうえ、朝日新聞経済部労働チーム(t-rodo@asahi.comメールする)までメールでお送りください。