田畑を侵食する竹林、SDGsに 鍵はラーメンの具

有料会員記事

高原敦
[PR]

 放置された竹林が全国的に広がり、環境破壊につながる問題になっている。全国でも有数の広さの竹林があり、タケノコ生産量は全国トップの福岡県で、環境保護団体などが「SDGsバンブープロジェクト」を始めた。ラーメンの具などに使われる「メンマ」にして食べてもらうとともに、障害者が働く場にもして、国連が掲げるSDGs(持続可能な開発目標)に貢献しようとしている。

 同県八女市郊外に、かつて牛舎だった木造の作業所がある。5月上旬、中尾圭詞さん(34)が障害者施設のメンバーらとメンマ作りにいそしんでいた。

 市内各地の竹林から2メートルほどに育った幼竹を伐採。作業所に持ち帰って柔らかい部分を20~30センチほど切り出す。熱湯で約1時間煮込み、塩水に漬けて次々と保管箱に入れる。「塩抜きと味付けを加えて2カ月もすれば出荷できます」。約50キロの竹から約20キロのメンマができ、余った部分も肥料などに使えるという。

 竹は成長力が旺盛で、手入れをしていないと山林や田畑を侵食する。他の植物の光合成を妨げて枯らしてしまい、生物多様性を損なうと指摘されている。

国連が掲げるSDGsには「森林の管理」のほか、「働きがいのある仕事」もあります。全国を見ると、竹林は1年に一つの市の面積分広がっています。

 八女市出身の中尾さんは、も…

この記事は有料会員記事です。残り1551文字有料会員になると続きをお読みいただけます。