「自粛警察」監視し合う社会 酒場を取り巻く厳しい視線

有料会員記事

編集委員・小泉信一
[PR]

現場へ! 夜の社交場 コロナ禍の1年④

 晴れた日には秩父の山々が見える。東京郊外の丘の上。人気BS番組「吉田類の酒場放浪記」に出ているエッセイストで詩人の吉田類(72)は今年のゴールデンウィーク中、足腰が衰えないよう自宅近くの山を登っていた。

 驚いたのは、山頂の茶屋での光景である。いつもなら一汗かいた後に乾杯したりする集団があちこちで見られるのだが、飲んでいる人はいなかった。アルコール禁止を呼びかける貼り紙が貼ってあったのである。

 「ノンアルコールビールで乾杯しました」と吉田。驚きは続く。下山し、いつも寄っている大衆食堂での出来事。ここでもアルコールは一切禁止だったが、店内の様子をうかがう2人組の不審な客がいたという。

 「酒を飲んでいる人がいたら役所に通報するんだよね。あれが『自粛警察』というんだなあ」

 「酒場放浪記」の旅先でのロ…

この記事は有料会員記事です。残り927文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら