海賊版サイト、拠点国の実態は ホワイトハッカーが探る

有料会員記事フカボリ

編集委員・須藤龍也
[PR]

 漫画やアニメなどを不正に複製し、無料で公開する「海賊版サイト」の被害が「過去最悪」の状況になっていることが、出版社などでつくる対策団体の調査でわかった。その背景を調べていくと、ある特定の国でサイトの運営にかかわるやりとりがなされている実態が浮かんだ。何が起きているのか。調査を手がけた男性が取材に応じた。

 男性は「Cheena(チーナ)」という通称で活動する23歳のホワイトハッカーだ。専門的に手がけているのは、インターネットのセキュリティーや海賊版対策の調査。これまでに大手出版社やIT企業の依頼を受け、数々の調査を請け負ってきた。

 チーナは2017年8月、日本最大の海賊版サイト「漫画村」の運営者をいち早く特定し、ブログに公表したことで知られる。

 出版業界や、捜査に着手しようとしていた警察はブログに色めき立った。数カ月後に栃木県警の捜査員がチーナに情報提供を求め、運営者の逮捕につながる手がかりの一つとなった。その時の謝礼は3千円だった。

 ネット上に点在する情報の断片を丹念に集め、漫画村の運営実態に迫った実績は、その後の活動にもつながっている。

ベトナム系、「巣ごもり」で急増するアクセス

 記者が取材を依頼したところ、チーナは一通のリポートを作った。表題は「2021年の漫画海賊版とベトナム系運営のサイトの台頭」だった。

 「ベトナム系」とはどういう意味なのか。

 チーナはレストランで出されたホームメイドパイをほおばりながら、調査結果の説明を始めた。

 海賊版サイトを取り巻くシステムが主にベトナム国内に存在し、役割分担と分業が徹底されている、といった内容だった。

 チーナによれば、日本の出版…

この記事は有料会員記事です。残り3073文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
フカボリ

フカボリ

旬の話題の舞台裏から事件の真相まで、気になるニュースの深層に迫ります。世の中に流れる情報の一歩先へ。「もっと知りたい」「ちょっと気になる」に応えます。[記事一覧へ]