沖縄・石垣島でサンゴの産卵を確認

[PR]

 沖縄・石垣島北部の明石(あかいし)沖で5月25日夜、サンゴの産卵が確認された。

 その様子を地元のダイビングショップ「石垣島イエローサブマリンDS」の峰洋二さんが撮影に成功した。

 午後10時すぎ、水深約10メートルの海底に広がるサンゴから、直径約1ミリでピンク色の卵が一斉に放出された。

 水中には無数のサンゴの卵が浮遊し、それを魚が食べていたという。

 18年連続でサンゴの産卵を見た峰さんは「何回見ても神秘的な光景に圧倒される」と話していた。峰さんは5月上旬にも水深約3メートルで産卵の撮影に成功している。