藤井聡太二冠、挑戦権獲得まであと2勝に 将棋・叡王戦

[PR]

 将棋の藤井聡太二冠(18)=王位・棋聖=が31日、第6期叡王戦(不二家主催)の本戦トーナメント2回戦で永瀬拓矢王座(28)に138手で勝ち、4強進出を決めた。豊島将之叡王(31)=竜王と合わせ二冠=への挑戦権獲得まであと2勝となった。準決勝では丸山忠久九段(50)と対戦する。

 藤井二冠は、前叡王の永瀬王座の変則的な作戦への対応に苦慮。3時間の持ち時間を先に使い切って1分将棋が続いたが、最後は相手の玉を即詰みに討ち取った。終局は午後5時23分。

 藤井二冠の次の対局は6月3日の第80期将棋名人戦・B級1組順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)で、名人挑戦の経験がある稲葉陽(あきら)八段(32)と対戦する。