「工藤会トップの責任を」 射殺事件遺族が組幹部ら提訴

布田一樹
[PR]

 北九州市で2011年、暴力団排除運動に取り組んでいた建設会社役員の男性(当時72)が指定暴力団工藤会系の組員らに射殺されたとされる事件で、男性の子ども2人が31日、工藤会トップで総裁の野村悟被告(74)=別の事件で殺人罪などで公判中=ら3人に、総額約8800万円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こした。

 男性は11年11月26日夜、同市小倉北区の自宅前の路上で射殺された。福岡地検は17年2月、工藤会系の組員ら8人を殺人罪などで起訴し、一部の被告について有罪が確定した。

 原告側は、実行犯とされる工藤会系組員の中西正雄被告(55)の不法行為責任を問うほか、野村被告と、会長でナンバー2の田上不美夫被告(65)には暴力団対策法に基づく指定暴力団の代表者としての責任があるなどと訴えている。

 原告は弁護団を通じ、「事件直後は思い出すのもつらくて忘れようとしていたが、心の整理をつけなければいけないと、提訴に踏み切った」とコメントを出した。

 工藤会が市民を襲撃したとされる一連の事件では、12年の福岡県警元警部銃撃事件や14年の歯科医師刺傷事件などで、被害者らが野村被告らに損害賠償を求めて提訴。賠償責任を認める判決が確定したほか、和解金の支払いで和解が成立するなどしている。(布田一樹)