エア・ドゥとソラシド、経営統合の狙いは 路線どうなる

有料会員記事

松本真弥、佐藤亜季 友田雄大
写真・図版
エア・ドゥの機体=2018年12月8日午前10時19分
[PR]

 北海道が拠点のエア・ドゥ札幌市)と九州・沖縄が拠点のソラシドエア(宮崎市)は31日、来年10月をめどに共同持ち株会社をつくることで基本合意した。新型コロナ禍で利用が低迷する中、経営統合で業務を効率化してコスト削減と収益改善をめざす。2社のブランドは残し、事業運営の独立性は維持するという。

 持ち株会社の経営体制や出資比率は今後詰める。燃料などの調達や、人事・財務など管理部門を共通化することにより、4、5年以内に年間30億~50億円のコスト削減をめざす。

 ただ、路線網や運賃、発着時…

この記事は有料会員記事です。残り1091文字有料会員になると続きをお読みいただけます。