アクリル工場で火災、1人の遺体を発見 大阪・河内長野

[PR]

 31日午後5時ごろ、大阪府河内長野市日野の「日高アクリル工芸」の木造2階建ての工場付近から出火、火は約2時間後にほぼ消し止められたが、1階から1人の遺体が見つかった。工場で作業をしていた芝本智一さん(58)と連絡が取れておらず、警察が身元の確認を進めている。

 河内長野署によると、出火当時、工場では芝本さんと父(88)、弟(55)の3人がアクリル板を削る作業をしていたという。2人は避難してけがはなかったという。署が出火原因も調べている。