素人目線で移住相談「すんで埼玉」 めざすはファン獲得

有料会員記事

川野由起
[PR]

 埼玉に住もう――さて、どの街がいいのか。そんな相談に、SNSを通じて応じる会社がコロナ禍の昨年6月、埼玉県に誕生した。地元に詳しい不動産会社とは異なる手法を採り入れ、素人目線で教えてくれる。どんなサービスなのか。

 その会社は株式会社「住んで埼玉」(さいたま市浦和区)。事業のミッションは「埼玉に住みたい人やファンを増やす」「みんなの挑戦を応援する」こと。

 代表は、埼玉県中央部に位置する鴻巣市で生まれ育った岡野周平さん(31)だ。県内の私立高校を卒業し、大学を出た後に楽天に入社した。社会人4年目に東京・新宿御苑に近い中古マンションを購入し、高校時代から憧れていた都会暮らしを満喫した。

 実家は工務店。父の影響もあって、自分で何かを作ったり修繕したりするDIYが得意だったため、マンションの室内を改装し、好みにあった生活を始めた。さらには、国内有数の繁華街を抱える東京・赤坂のリノベーションマンションを借りた。大都会で暮らしている、という高ぶる感情をおさえられずにいた。

 そこに襲ったのが、新型コロナウイルスの感染拡大だった。ふと、「なんで赤坂に住んでいるのだろう」と自身に問うた。

 実際に会社に出勤しなくても…

この記事は有料会員記事です。残り1265文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【10/25まで】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら