米政権、北朝鮮政策を見直し 「現実的アプローチ」へ

ワシントン=園田耕司
[PR]

 サキ米大統領報道官は4月30日、記者団に対し、バイデン米政権が進めている対北朝鮮政策の見直しが完了したと明らかにした。新たな対北朝鮮政策について、トランプ政権の「グランドバーゲン(一括取引)」とオバマ政権の「戦略的忍耐」のアプローチはとらないと明言。日韓両国と連携して「調整された現実的アプローチ」(サキ氏)をとり、北朝鮮の非核化を目指す考えを示した。

 バイデン政権は発足後、専門家や元政府高官の意見を聞きながら対北朝鮮政策の見直しに着手。サキ氏は会見で「我々の対北朝鮮政策の見直しは完了した」と宣言した。サキ氏は「我々の目標は朝鮮半島の完全な非核化であることに変わりはない」と強調したうえで、過去の歴代米政権がこの目標を達成できていなかったと指摘。「我々の政策は『グランドバーゲン』を重視したり、『戦略的忍耐』に頼ったりすることはない」と語った。

 サキ氏は、バイデン政権の新たな対北朝鮮政策を「調整された現実的アプローチ」と呼称。日韓などの同盟国と連携して取り組むとの考えを示したが、具体的な中身の説明は避けた。米政府当局者はワシントン・ポストの取材に対し、新たな対北朝鮮政策はオバマ政権とトランプ政権の「中間」になるとの見通しを示した。元米政府高官やワシントンの外交筋によれば、北朝鮮に対価を与えながら長期的に非核化を目指す「段階的アプローチ」へと転換するとみられる。(ワシントン=園田耕司