宮城県で震度5強 広範囲で揺れる、津波の心配なし

【動画】海側のプレートが陸側のプレートに潜り込みプレート同士の押し合いから起こる海溝型地震(プレート境界型地震)、そのメカニズムをアニメで解説します。
[PR]

 1日午前10時27分ごろ、宮城県沖を震源とする地震があった。宮城県で最大震度5強を観測したほか、東北や関東甲信など広い範囲で揺れた。気象庁によると、この地震による津波の心配はないという。

 同庁によると、震源の深さは約60キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6・6と推定される。震度5強を観測したのは宮城県大崎市、涌谷町、石巻市。そのほか震度5弱を青森県階上町、仙台市宮城野区宮城県気仙沼市女川町岩手県釜石市一関市福島県相馬市、南相馬市などで観測した。

 気象庁は午後0時半から記者会見を開く。