5連休初日の朝、新大阪駅ホームは人まばら 列も延びず

[PR]

 大型連休が本格化した1日午前のJR新大阪駅新幹線ホーム。昨年と同様に大阪府には緊急事態宣言が出され、帰省者や旅行客の姿はまばらだった。

 JR東海によると、1日午前8時24分に新大阪を出発した博多行きの「のぞみ」の自由席乗車率は70%だった。宣言下で大阪府民に不要不急の外出自粛が呼びかけられており、ホームで新幹線を待つ人の列は延びなかった。

 福岡県久留米市の仕入れ先に会いに行くという、大阪府守口市居酒屋経営の男性(67)は「お酒が出せなければ仕事にもならない。一人で行動するので感染の心配もないし、墓参りにも行くつもりです」と話していた。