八十八夜、宇治茶レディがPR 新茶を摘み取り

小西良昭
[PR]

 八十八夜の1日、京都府宇治市の茶業センター茶園で、茶業関係者、松村淳子(あつこ)・宇治市長とPR役の「宇治茶レディ」が、やわらかな新茶を摘み取った。

 立春から88日目に宇治新茶の季節を告げる風物詩だが、昨年はコロナ禍で断念。今年は3部に分けて参加予約を募ったが、感染急拡大で再び中止し、報道陣向け公開にとどめた。

 例年より生育は早めで、府茶業会議所の堀井長太郎会頭は「(緊急事態宣言下の)こんな時こそ家でお茶をいれて、ゆとりと安らぎの時間を味わっていただければ」と話した。(小西良昭)