(魂の中小企業)池江選手、そして、水泳を愛する皆様へ

有料会員記事

[PR]

 池江璃花子さん。水泳選手のみなさん。水泳を愛する、すべてのみなさん。

 タイムをすこしでも速くしようと、ありったけの技術をつかってスイミングキャップをつくっている会社があります。

 大阪は八尾市にある「錦城護謨」です。護謨は、ゴムと読みます。

 1936年、昭和11年。2・26事件があった年、ゴム材料の商社として創業しました。敗戦後の高度成長のなかでゴム製品をつくる会社となりました。

 さて、池江さんたちが使っているキャップ。てっぺんは限りなく薄く、額の部分は厚く、そして継ぎ目がありません。水の抵抗を限りなく減らしているのだそうです。さらに、頭の形にフィットさせているので、泳いでも脱げないのだそうです。

 つくっている会社ってどんなところ?この会社の3代目、太田泰造さん(48)の半生をたどりつつ、ご紹介します。

    ◇

 太田の少年時代。「超デブだったんですわ」と本人。鈍くさく、人前に出るのがイヤ。自分に自信など、ない。

 中学で柔道部に入った。激し…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

連載魂の中小企業

この連載の一覧を見る