「1週間程度、強い地震警戒」 気象庁、宮城の地震受け

山岸玲
【動画】宮城沖地震で水道管破裂=三井新撮影
[PR]

 1日午前10時27分ごろ、宮城県沖を震源とする地震があり、同県大崎市石巻市、涌谷町で最大震度5強を観測した。気象庁によると、地震の規模を示すマグニチュードは6・8、震源の深さは51キロ。津波は発生しなかった。

 このほか、震度5弱を仙台市青森県階上町、岩手県釜石市福島県相馬市などで観測し、北海道から近畿の広い範囲で揺れた。気象庁は「発生から1週間程度は最大震度5強程度の地震に注意を」と呼びかけた。

 宮城県沖では、今年3月20日にも最大震度5強の地震が発生。宮城県に津波注意報が出た。今回の地震との関連は不明だが、震源の位置は約40キロ離れているという。

 気象庁は東北沖などで規模の大きな地震が発生した際、「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の余震と考えられます」と発表してきた。だが地震の発生数が減って余震かどうかの判断が難しくなり、4月からこうした発表をやめた。(山岸玲)