広末涼子「男性も女性も一緒」 刑事役に込めたエール

有料会員記事

聞き手・川村貴大
[PR]

 「どこの世界も『女だから・男だから』というのはきっとないんでしょうね」。ドラマ「桜の塔」(朝日系、木曜夜9時)で正義感に燃える刑事・水樹爽(さわ)を演じる広末涼子はそう語る。野心と謀略が渦巻く男社会で、信念を貫こうとする爽の姿は、広末が警察組織内の女性として奮闘する幼なじみに向けたエールでもある。

 ――広末さんは今回、男社会の中で強く生きる女性刑事を演じています。

 私の小学校からの幼なじみで、女の子で警察官になっている子が2人います。1人はこのあいだ課長になったと聞いて、「すごく頑張っているなぁ」と思いました。

 先日、彼女は研修で2カ月間、東京に来ていたんですが、子どもを置いてきていいものかとか、いろんな葛藤もあっただろうと思います。女の人は1人しかいなかったみたいで、「今日、研修終わったよ!」という連絡が来たときは「すごい頑張ったね!」って返しました。

 すごくこのドラマを楽しみにしてくれていて、「涼子が警察役やるんだ! 楽しみやぁ~! 涼子も頑張っちゅうき、私も頑張る!」と連絡をくれました。

 彼女はこのあいだまで1人か2人しか部下がいなかったのに、いきなり100人の部下ができて、「おまえにできるのか?」と言われたりして、いろいろと大変だと聞きました。私には部下もいないし役職もないし、結局自分に返ってくるだけで、想像もできないけど、その彼女がこのドラマを見てちょっとスカッとしてくれたり、力になれたりするのは自分の仕事の素晴らしいところだから、自分も頑張れることを頑張ろうと思います。

 彼女は「女の人だからできない」と言われたくないんだろうなと思います。自分は彼女に比べると、女の人だからごめんなさいと言える仕事でもあるのかなと思うし、でもそれに甘えちゃいけないと思っています。

 どこの世界も「女だから・男だから」というのはきっとないんでしょうね。一流のトップを目指す人とか、本気で何かを目指す人というのは、男の人も女の人も一緒なんじゃないかなと思います。

記事の後半では、40歳の節目を迎えての心境の変化や、自身の未来像、広末さんにとっての家族の存在について語ってもらいました。

 ――ドラマでは警察内部の権力闘争が描かれますが、台本を読んでどんなことを感じましたか?

 良かったなと思ったのは、(…

この記事は有料会員記事です。残り1479文字有料会員になると続きをお読みいただけます。