ミャンマーのクーデターから3カ月 都内で抗議デモ

伊藤進之介
[PR]

 ミャンマーでの軍事クーデターから1日で3カ月が経った。東京都渋谷区国連大学前では在日ミャンマー人ら約200人が集まり、国軍に対して抗議し、国際社会に支援を呼びかけた。

 抗議デモでは国軍に対抗し、民主派が新たに結成した「国民統一政府(NUG)」への各国の支援を求めたり、少数民族の出身者がそれぞれの旗を掲げ、共闘の意を示したりしていた。

 主催者の一人、マイチョウウーさん(52)は「国軍との会話の道はなく、ミャンマー人のデモだけでは民主主義を取り戻すことはできない。NUGを認めてもらい、国際社会から国軍に圧力をかけてほしい」と話した。

 2日にも、アメリカ、ドイツ、韓国、台湾など世界各地で「春の革命」と題して集会が開かれる予定で、東京でも霞が関でデモ行進を行うという。(伊藤進之介)