資産家元妻、殺害方法検索か 掃除機からは微量の覚醒剤

有料会員記事

[PR]

 和歌山県田辺市で2018年5月、「紀州のドン・ファン」と呼ばれた資産家の野崎幸助さん(当時77)が急性覚醒剤中毒で死亡した事件で、元妻の須藤早貴(さき)容疑者(25)=殺人と覚醒剤取締法違反の容疑で逮捕=が人を殺害する方法について、インターネットで検索していたことがわかった。検索記録の一部はスマートフォンに残っておらず、県警は経過を調べている。

 捜査関係者によると、須藤容疑者から任意提出を受けたスマホを調べたところ、殺害方法や覚醒剤について検索サイトで調べていたほか、SNSで密売人とやり取りしていたことが確認された。

 検索サイトで調べた履歴は基本的に残るが、一部については残っていなかったという。

 野崎さん宅の1階にあった掃除機の中から微量の覚醒剤が検出されていたことも新たにわかった。

 県警は須藤容疑者が、野崎さ…

この記事は有料会員記事です。残り259文字有料会員になると続きをお読みいただけます。