アパート外階段崩落、施工業者の関係先など捜索 警視庁

有料会員記事

[PR]

 東京都八王子市で4月、賃貸アパートの外階段が崩れて住民の女性が転落死した事故で、警視庁は2日朝、業務上過失致死容疑でアパートを施工した則武地所(相模原市)の関係先の家宅捜索を始めた。関連資料を押収し、事故に至った経緯を調べる方針だ。

 捜査関係者によると、捜索先は則武地所や役員の自宅、アパートを建てた当時の社長の自宅など。設計を手がけた横浜市の建築事務所からも資料を押収するとみられる。

 事故が起きたのは築8年の木造3階建てアパート。4月17日午後、住民の女性(58)が外階段を1階から2階へ上っていたところ、階段の一部が崩れて約2メートル下の地面に落ち、22日に外因性脳挫傷で死亡した。

 階段は鉄製で、木製の踊り場と接合されていた。捜査関係者によると、この踊り場が腐食していたために階段が崩落した可能性が高いという。建築基準法施行令では、こうした建物の階段に木製の素材を使うことを原則として禁じている。例外は有効な防腐措置が施されている場合だ。

 アパートを設計した男性は朝日新聞の取材に、「階段全体を鉄骨で作るように設計した」と説明している。警視庁は事故が起きたアパートの踊り場が木製になった経緯を調べるほか、腐食を防ぐ処理が施されていたか、専門家による鑑定を進めている。

施工時の社長「お答えできない」

 アパートの施工時に則武地所…

この記事は有料会員記事です。残り332文字有料会員になると続きをお読みいただけます。