緊急事態条項「改憲せずに対応を」54% 朝日世論調査

有料会員記事

磯部佳孝
[PR]

 朝日新聞社の全国世論調査(郵送)で、大災害などの時に内閣が法律に代わる緊急政令を出し、国民の権利を一時的に制限するなどの「緊急事態条項」の創設について3択で聞くと、「いまの憲法を変えずに対応すればよい」54%、「憲法を改正して対応するべきだ」33%、「そもそも必要ない」6%だった。

質問の仕方で結果を操作してない? 内閣支持率が新聞社によって違うのはなぜ? ポッドキャストで世論調査部の江口達也記者に聞きました。

Apple Podcasts や Spotify ではポッドキャストを毎日配信中。音声プレーヤー右上の「i」の右にあるボタン(購読)でリンクが表示されます。

 同じ質問は、新型コロナウイルスの感染が広がる前の2019年調査から3年続けて聞いている。19年調査と今回を比べると、「憲法を変えずに対応」は、19年55%→21年54%で、ほぼ変わらなかった。一方、「憲法を改正して対応」は、19年28%→21年33%に増えた。

 支持政党別にみると、自民支持層では、「憲法を変えずに対応」19年50%→21年49%、「憲法を改正して対応」19年40%→21年41%、「そもそも必要ない」19年5%→21年3%で、ほぼ同じだった。

「個人の自由より感染抑制」83%

 無党派層では、「憲法を変え…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。