昨年のコミック市場、過去最大に あの作品も追い風

会員記事

川村貴大

写真・図版

[PR]

昨年のコミック市場、過去最大規模になったの?

 Q 昨年、コミックがすごく売れたって?

 A 出版科学研究所の発表によると、2020年のコミックの推定販売(はんばい)金額は前年より2割以上増えて6126億円。それまでの最高額は1995年の5864億円だったから、25年ぶりの更新(こうしん)で、コミック市場は過去最大規模になった。

 特に、電子コミックは前年より3割以上増えて3420億円。減り続けていた紙のコミックの市場も、19年ぶりに増加に転じたんだ。

 Q 新型コロナの感染拡大が関係あるの?

 A 家で過ごす時間が増えて、多くの人がコミックを読むようになった。「巣ごもり需要(じゅよう)」が最大の理由だと考えられている。電子コミックストアは、CMをたくさん流して利用者を増やしたんだ。

 Q 昨年は「鬼滅(きめつ)の刃(やいば)」が大ヒットしたね。

 A 昨年12月に刊行された最終巻の23巻は、店頭では品切れが相次いだ。紙と電子コミックをあわせたシリーズ累計発行部数は1億5千万部にも達したんだ。

 「鬼滅」は、コミック市場全体を盛り上げた。紙のコミック単行本は「鬼滅」を除いても前年を上回ったんだ。「鬼滅」を求める人が書店に足を運んだことも影響したとみられている。

 Q 同じ紙でも、コミック誌はどうだったの?

 A 紙の雑誌の売り上げは…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら