閉店相次ぐパチンコ店、店名公表「特措法の趣旨超えた」

会員記事新型コロナウイルス

中村尚徳
[PR]

 1月下旬、栃木県日光市のパチンコ店2カ所が相次いで閉店した。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けた緊急事態宣言下の昨年4月、いずれも休業要請に従わず、店名を公表された。栃木県遊技業協同組合の金淳次理事長が明かした。

 「公表された6店のうち、かろうじて残っているのは2店だけですよ」

 栃木県は昨年4月18日、映画館や博物館などに休業を要請した。パチンコ業界も9割を超す店が応じた。それでも営業を続けた店の事情を金理事長は推し量る。

 「明日の支払いができない。社員やその家族の生活を守る……。理由は様々でしょうが、切羽詰まった業者もいたと思いますよ」

 県は、休業しないと店名を公表すると事前に通知し、最後まで残った6店が対象となった。4月29日の公表後、5月1日までに全店が休業した。

 「一律30万円の協力金では…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]