関越道で事故対応中の高速隊員はねられ死亡 新潟・湯沢

[PR]

 新潟県湯沢町土樽の関越道下り線で2日午後10時20分ごろ、交通事故の現場対応中だった県警高速隊湯沢分駐隊の大橋城巡査部長(36)が、さいたま市南区、男性会社員(45)運転の乗用車にはねられた。大橋巡査部長は搬送先の病院で死亡が確認された。死因は出血性ショック。

 県警高速隊によると、大橋巡査部長は別の事故の処理のため車線規制をしていた。事故の捜査で月夜野インターチェンジ(IC)~湯沢ICが通行止めになった。