【詳報】37分投じた封じ手、ほぼ2択 大激戦か回避か

会員記事

村瀬信也 村上耕司 佐藤圭司
[PR]

 渡辺明名人(37)=棋王・王将と合わせ三冠=に斎藤慎太郎八段(28)が挑戦する第79期将棋名人戦七番勝負第3局(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛、亀岳林万松寺協力)が4日、名古屋市中区の万松寺で始まった。ここまで両者1勝1敗。最高峰を争う戦いは中盤戦に入る。

拡大する写真・図版将棋名人戦第3局で初手を指す斎藤慎太郎八段(左)=2021年5月4日午前、名古屋市中区、迫和義撮影

18:45

封じ手、激戦か回避か

 斎藤八段が▲4五同銀(53手目)と歩を取り返した局面で1日目が終わった。何げない手だが、杉本八段によると、渡辺名人の対応次第では激しい展開に突入するという。

 「次の手は△4四歩か△5五…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら