護憲・改憲を訴える 憲法記念日

斎藤徹
[PR]

 憲法記念日の3日、道内では護憲、改憲などそれぞれの立場から憲法の意義を考える催しがあった。

 労働組合などでつくる北海道平和運動フォーラムはオンラインで改憲反対を訴える集会を開いた。代表の江本秀春弁護士は「新型コロナウイルスが全国的に拡大する中、個人の権利を制限することはやむを得ないと考える風潮が市民の間に広がりつつある」と指摘した。

 講演した上智大学の中野晃一教授(政治学)は「前政権から続く政治腐敗で、政治には何も期待しないというあきらめが市民の間に浸透しているが、憲法9条改正を最終目的とする改憲派に対抗するには市民が政治を監視することが大切だ」と訴えた。

 札幌市の大通公園周辺では、憲法改正を訴える団体が「美しい日本を守り、誇りある国民を育てるためには憲法改正が必要だ」と街頭演説した。(斎藤徹)