ワクチン大規模接種、大阪は国際会議場 24日にも開設

会員記事新型コロナウイルス

久保田侑暉
[PR]

 新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、政府は3日、大阪市北区大阪府立国際会議場(グランキューブ大阪)に大規模接種センターを設置すると発表した。接種の主体となる自衛隊が24日をめどに開設し、約3カ月間かけて府内の高齢者を中心にワクチンを接種するという。

 防衛省によると、ワクチン接種は休日も含めて午前8時~午後8時に行うが、1日あたりの接種人数は未定。接種対象は大阪府民のほか、兵庫県民や京都府民にも広げる方向で検討しているという。

 3日は中山泰秀・防衛副大臣が、候補地としていた国際会議場と同市浪速区の府立体育会館(エディオンアリーナ大阪)を視察し、接種時の動線や救護室の場所を確認した。

 国際会議場では、中山氏と大阪府吉村洋文知事が、会場周辺で密集が起きないようにする対策などについて意見を交わした。

 ワクチン接種が行われる約3…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]