見た? 上毛かるた描いたトラック 地元PRしつつ快走

長田寿夫
[PR]

 車体に上毛かるたを描いたラッピングトラックが、4月から関東一円や中京方面を走っている。群馬県太田市に本社がある運送会社「蛭間運送」が、同市と創業の地・桐生市をPRするために2台導入した。

 今年創業50年を迎え、「地元に恩返しを」と蛭間幹夫社長(52)が考えた。いずれも積載量15トン。1台には太田ゆかりの「太田金山 子育呑龍(こそだてどんりゅう)」「歴史に名高い新田義貞」の読み札と絵札や恒例行事の尾島ねぷたを、もう1台には「桐生は日本の機どころ」「そろいの支度で八木節音頭」の読み札と絵札をそれぞれ描いた。

 蛭間社長によると、行く先々で「花札みたい」「太田はねぷたが有名なんですか?」などと聞かれ、効果は上々だ。ドライバーは「注目されていると思うと気持ちが一層引き締まる」と話しているという。(長田寿夫)