住人の74歳女、放火容疑で逮捕 大阪・摂津の住宅火災

[PR]

 自宅に火をつけたとして、大阪府警は4日、同府摂津市鳥飼西4丁目の無職、荒木光子容疑者(74)を現住建造物等放火の疑いで逮捕し、発表した。荒木容疑者が住む6戸棟続きの住宅をふくめ、隣接する戸建て住宅2棟と3戸棟続きの住宅の計4棟(いずれも木造2階建て)延べ約670平方メートルが全焼した。

 摂津市消防本部によると、3日午後10時55分ごろ、「建物から煙が出ている」と近くの住人から119番通報があり、約7時間半後に鎮火した。

 摂津署によると、火災後、荒木容疑者から事情を聴いたところ「将来を悲観し、自分の家に火をつけた」と話したため逮捕したという。夫との2人暮らしだが、夫は入院中だった。

 現場は大阪モノレール南摂津駅から東へ約1キロの住宅街。