北アルプス・槍ケ岳で遭難、3人死亡 現場は当時吹雪

[PR]

 長野、岐阜県境の北アルプス槍ケ岳(3180メートル)に3人で入山した男性登山者から3日午後2時半ごろ、「仲間1人が滑落した」と110番通報があった。うち1人は3日に登山道で、2人は4日に尾根付近で倒れているのが見つかり、全員死亡が確認された。通報があったころ現場周辺は吹雪だったという。

 県警松本署によると、亡くなったのは岐阜県中津川市中津川、会社員田口貴章さん(28)▽同県土岐市駄知町、会社員西尾英昭さん(37)▽愛知県一宮市木曽川町、会社員二ノ宮宏之さん(49)。

 3人は3日、岐阜県側登山口から1泊2日の予定で入山。3日午後2時半前、途中の尾根部「飛驒乗越(ひだのっこし)」(3010メートル)付近で二ノ宮さんが滑落したため、救助を要請したという。

 近くの山小屋から救助隊が向かい、登山道で倒れている田口さんを見つけて午後7時に山小屋に収容。4日になり、尾根で倒れていた西尾さんを、尾根から約180メートル落ちた地点で二ノ宮さんをそれぞれ見つけ、収容した。