公園の池で5歳児2人溺れ、死亡 佐賀県多久市

大村久、松岡大将
[PR]

 4日午前11時5分ごろ、佐賀県多久市北多久町の市中央公園内の池で「小学生くらいの子が溺れている」と通行人から119番通報があった。多久消防署員らが到着すると、男児1人を父親が池から引きあげており、消防隊は別の男児1人を池から救助。ヘリで2人を病院へ搬送したが、いずれも死亡が確認された。

 県警小城署や消防によると、死亡したのは、佐賀県伊万里市南波多町古里の松高海成君(5)と同町府招の前田桃四郎君(5)。2人は友だちで、家族の野球の応援で公園に来ていたという。姿が見えなくなったため家族が捜していたところ、松高君が池の水面に浮いた状態で、前田君は水深約3メートルで見つかった。死因は水死。「男児が池の縁から転落した」という目撃情報があるといい、小城署が原因を調べている。

 現場はJR多久駅の北約700メートル。野球場や陸上競技場などがある。(大村久、松岡大将)