「私のは?」泣いた妹 今年はみんなそろって泳いでる

有料会員記事

島田耕作
[PR]

 強そうな黒のお父さん、鮮やかな赤色のお母さん、青空のような元気な青色のお兄ちゃん。そこに今年、かわいらしいピンク色の妹が加わった。それは1年前のある「事件」がきっかけだった。

 熊本県山鹿市鹿本町の木村眞一さん(65)、千代さん(63)夫妻の自宅。昨年の「こどもの日」の前、4歳になる近くに住む孫の千昭(ちあき)君のためにこいのぼりを準備していた。

 「藍ちゃんのは?」

 お父さんとお母さん、お兄ち…

この記事は有料会員記事です。残り951文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら