国体PRにイチゴ 電車内を埋め尽くした中吊り広告

津布楽洋一
[PR]

 2022年に栃木県で開かれる「いちご一会とちぎ国体」の認知度を上げるため、国体を紹介する広告で車内を埋め尽くした電車の運行が4月29日、東武宇都宮線で始まった。

 中づりなど約500枚の広告が掲げられたのは、南栗橋駅(埼玉県)~東武宇都宮駅などを走る電車。広告は日本一の生産量を誇るイチゴを中心としたデザインで、国体開催をPRしている。県の担当者は「インパクトがあると思うので、これを機に開催を一人でも多くの方々に知っていただきたい」。運行は27日まで。(津布楽洋一)