日米韓が外相会談 北朝鮮の完全非核化へ連携を確認

有料会員記事

安倍龍太郎、ソウル=鈴木拓也
[PR]

 日米韓3カ国の外相会談が5日午前(日本時間同日午後)、英ロンドンであった。茂木敏充外相、米国のブリンケン国務長官、韓国の鄭義溶(チョンウィヨン)外相が参加。米国が対北朝鮮政策の見直し作業を完了したことを受け、3カ国は今後も北朝鮮の完全な非核化をめざして連携する方針を確認した。

 日米韓外相会談は米バイデン政権の発足後、初めて。ロンドンで開催中の主要7カ国(G7)外相会議にあわせて開かれた。

 日本外務省の説明によると、ブリンケン氏が今後の対北朝鮮政策を説明。これに対し、茂木氏は「北朝鮮への対応について、日米韓3カ国の連携は不可欠」と発言した。そのうえで、「米国政府が日韓両国との緊密な連携を重視し、取り組みを進めていることを支持し、歓迎する」と述べたという。

 このほか、茂木氏は拉致問題で米韓の理解と協力を求め、ブリンケン、鄭両氏から支持を得たという。

 今回の会談は約60分間。主…

この記事は有料会員記事です。残り262文字有料会員になると続きをお読みいただけます。