ブロードウェー、9月に公演再開へ NY州知事が発表

新型コロナウイルス

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大で昨年3月から閉鎖されていた米ニューヨーク(NY)・ブロードウェーについて、NY州のクオモ知事が5日、「9月14日に公演を再開する」と発表した。コロナのワクチン接種が進んだためで、業界団体「ブロードウェーリーグ」も、チケットを6日に発売すると発表した。

 ブロードウェーは500席以上の座席がある41劇場からなり、各劇場が数週間内に上映日程や作品を発表する。昨年3月時点では31作品が上演中、8作品が上演準備中だった。コロナ感染拡大で休演期間も複数回にわたって延長されてきた。

 業界団体によると、2018~19年シーズンの観客は計1477万人で、総売り上げは18億3千万ドル(約2千億円)。NY市に147億ドルの経済効果をもたらし、9万7千人の雇用に貢献していた。

 業界団体のシャーロット・マーティン代表は「何事もブロードウェーを倒すことはできない。劇場オーナーや制作者らは、産業を戻し、必要な安全対策が順守されるよう、NY州当局や知事とともに協力していく」と声明を出した。

 NY州では現在、人口の36%にあたる712万人がワクチンの接種を完了している。4月には市内中心部タイムズスクエアに、劇場関係者向けのワクチン接種会場もできた。(ニューヨーク=藤原学思

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]