伝説のオスカル 汀夏子さんが語る宝塚と人生

宝塚歌劇団

[PR]

ベルばら四天王」のひとり、宝塚歌劇団の元雪組トップスター汀(みぎわ)夏子(なつこ)さんが朝日新聞のオンラインイベントに登場します。それはまさしく「伝説のオスカルが語る『ベルばら』そして宝塚~汀夏子さんの人生の贈りもの」。5月29日(土)午後1時から生配信します。

あぁ「炎の妖精」 お宝写真もどっさり

 本紙朝刊に連載中の「人生の贈りもの」は、各界の著名人が半生を語る名物企画。その欄に5月17日~6月4日(土日除く)の計15回にわたって汀さんが登場します。今回は、連載に合わせたイベントで、子ども時代から宝塚にかけた青春、人生経験から得たメッセージなどを語っていただきます。

 イベントの第1部(約50分)はトークセッション「炎の妖精の軌跡」。男装の麗人オスカルを演じた「ベルサイユのばら」(1975年)の秘話をはじめ、名作「星影の人」(76年)で演じた沖田総司、「風と共に去りぬ」(78年)のスカーレット、そして退団公演「去りゆきし君がために」(80年)の話と汀さんの宝塚ヒストリーをたっぷりと。舞台写真やお宝写真もお見せします。

 第2部(約30分)は、希望者から抽選で選ばれた人の参加できるオンライン交流会です。ライブ配信中にメッセージや質問をお寄せいただき、汀さんにその場で答えていただきます。

 情熱ほとばしるステージから「炎の妖精」と呼ばれた汀さん。青春をともに過ごし、懐かしい~というファンにも、宝塚に最近目覚めたファンにも笑顔のひとときをお届けします。

みなさんに元気と笑顔お届けします

 「お客様に楽しんでほしい。その一心で、これまで舞台に立ってきました。元気出たわ~って喜んでもらえるのがなによりうれしい。全国各地のみなさんにこのイベントを楽しんでいただきたいです」と汀さんは話しています。

 税込み1800円(クレジットカード決済のみ)。申し込みの締め切りは第2部への参加を希望する方は5月27日正午まで、第1部だけの方は5月29日午後1時まで。第1部は後日、アーカイブ視聴あり。参加方法は朝日新聞のホームページ(https://ciy.digital.asahi.com/ciy/11004293別ウインドウで開きます)へ。

花の50期生 宝塚歌劇の殿堂入り

 みぎわ・なつこ 大阪市生まれ。1964年、宝塚歌劇団に入団した50期生。「花のふるさと物語」で初舞台を踏む。雪組に配属され、7年目に郷ちぐささんとともにトップスターに就任。2年後に単独トップに立つ。75年にオスカル役を演じた「ベルサイユのばら」が大ヒット。社会現象を巻き起こした。榛名由梨さん、鳳蘭さん、安奈淳さんとともに「ベルばら四天王」と呼ばれる。「星影の人」の沖田総司、「風と共に去りぬ」のスカーレットなどを演じ、人気絶頂のなか80年に退団した。その後もコンサートやディナーショー、舞台、講演などで活躍。宝塚歌劇100周年の2014年、「宝塚歌劇の殿堂」の100人に選ばれた。