沖縄・宮古民謡を代表する歌い手 国吉源次さん死去

 沖縄・宮古民謡を代表する歌い手として知られる国吉源次(くによし・げんじ)さんが4日、前立腺がんのため沖縄県内の病院で死去した。90歳だった。葬儀は7日午後4時から沖縄県浦添市勢理客3の11の2のフェニックスホール玉泉院で。喪主は妻義子(よしこ)さん。

 全国各地や中国、ハワイでコンサートを開くなど、宮古民謡の普及に努めた。1971年には那覇市に民謡研究所を設立し、半世紀近くにわたり、後進の育成にも力を注いだ。