生肉レンチン、20日間もつサラダ…進化するお手軽食品

有料会員記事

若井琢水
写真・図版
味の素の「スチーミー 鶏チャーシュー用」=同社提供
[PR]

 包丁やフライパンを使わなくても、手軽に食卓に出せる料理を食品大手が相次いで提案している。電子レンジで簡単に仕上がる肉料理や、20日間もつサラダなどメニューも色々。新型コロナ禍で在宅時間が増えるなか、便利さだけでなく一皿の魅力も高めることで、時短料理やまとめ買いのニーズをつかもうと狙う。

 レンジで作る「レンチン料理」は従来、冷凍食品が多かった。最近増えてきたのが、より手作り感の強い生肉を使ったメニューだ。

 味の素が2月に売り出したのは、主菜になる鶏チャーシューをレンジで作れる「スチーミー 鶏チャーシュー用」。鶏もも肉を専用パウチに入れ、合わせ調味料と一緒に10分弱ほどレンジにかけ、蒸らすだけ。下ごしらえや調理のほか、鍋の片付けなどの手間も省ける。

 パウチ内を蒸気が対流して肉…

この記事は有料会員記事です。残り933文字有料会員になると続きをお読みいただけます。